松村上ブログ。

ブログです。

戦うこと

死刑制度廃止についての報道が目につく。

 

この制度がこの日本に根強く残っていることは、

「やられたら、やり返してやらなきゃ気がすまない」

という感情を、日本人が広く克服できていないということを、

おのずから暴露しているようで、恥ずかしく思う。

あれだけ大きな戦争までやって、まだ性格が治っていない。

 

 

「遺族の感情を汲み取るためには、死刑が必要だ」という人は、

前提から派手に間違っている。

人を殺して人の気持ちを汲み取れるなら、

そもそも最初から殺人が罪に問われるはずがないのである。