松村上ブログ。

ブログです。

絶望のはなし

職業的な絵描きになると決めてから、

ほぼ毎日、間をおかず筆をとるのですが、

「ああ、もうダメだ。これ以上描けない。どうしても次の一筆が見えてこない」

という場面だけは毎回の様に訪れます。

 

では、さらさらっと描いて、ハイ終わりにしてしまえば良いではないか。

そうとも思ったのだけれど、

「この絵は、今まで描いた絵とここが違うんだ。ここが新しいんだ」と、

そう言える場所がたったの1箇所でもないと、良くない。

 

要するに、さらっと描けた絵には、その「工夫」というところがない。

それは絵描きとしてやはり悔しいのであります。

 

 

 

つまりは、こう言う構図なのですね。

「ここを工夫しました」と胸を張るために、

どうしても一枚の絵に、少なくとも一回、絶望が口を開けて待っていることになる。

ここは進めませんよ、と。

 

でも、そこを押して頑張りますと、私は心に決めたものですから、

ただその1点に於いて、確かに私は職業絵描きなのだと自負する処であります。

 

 

 

絶望は神さまからの贈りもの

絶望は神さまからの贈りもの