松村上ブログ。

ブログです。

ユニークさが生計を立てるポイント

 

人間ならユニークなことをしなくちゃいけないんです。

ラーメン作ることになったんなら、

「どこでも食べられるようなラーメン」作っても仕方ないんですね。

ラーメン作っている人はごまんといるのだから、

せめて「うちは辛口がメインです」くらいの工夫をしないといけない。

あるいは「うちは味噌ラーメンだけだよ」とか、何か言わなきゃいけない。

 

 

 

で、今の日本の学校はそれを教えているんですか?という話なのです。

 

就職できない若者が、ニュースで取り上げられたりしているんですね。

やっぱり、悲しい気持ちになりますね。

ユニークじゃないから、相手にされないんです。

小さい頃はわかんないですけどね、

小学校からは、もう、ずーっと制限されてたんです。

ユニークっていうところを。

生計を立てるのに、一番必要な部分に鍵をかけちゃったんです。

 

 

本の学校は、やっぱりそれしかやってないでしょう。

同じになれと。

ユニークな子供達から、一番キラキラしたものを奪っていくんです。

そのまんま進んでいれば、楽に生計を立てられたはずなのに、

そこを奪って、「苦しんで生きろ」と。

「ギリギリで生きろ」ということばっかり教えるんですね。

くたくたになるまで。

 

そうやって自分たちで育てておいて、

「今の若者はつまらない」なんていう。それで、不採用っていう。

冗談にもなってないんです。

 

 

別に、どこの誰が政権を取っても私は構わないんだけど、

子供達の才能を潰す教育システムだけさっさと見直して欲しいんです。

私がこの国で一番気に入らないのは何処かと言うとそこなんです。終わり。