読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松村上ブログ。

ブログです。

普通の炊飯器を4倍の値段で売るトリックのはなし

あなたはこれから、1つ2500円の炊飯器を売る。

これは原価なので、あなたはこれより高い値段で売らないといけない。

 

 

①外向きには30000円の炊飯器と言っておく。

 

②この炊飯器、2つつけても変わらず30000円、という。

 

③さらに、今日ご注文いただいた方だけ特別に

 ズバッと10000円を値引きすると伝える。

 この時点で、お値段20000円。

 

④そして、あなたの炊飯器を10000円で下取りします、と伝える。

 

結局、商品のお値段は10000円になる。

このまま売れれば、あなたは5000円(炊飯器を2つ譲るので)と、

中古の炊飯器を手に入れることができる。

もっと売上を上げたければ、①の値段をあげる。

 

 

 

④のところが実はかなり鬼畜で、

実際のところ「10000円で下取り」は全くしていない。

ただ10000円を、最初に釣り上げた30000円から引き算しただけである。

購買者は結局、炊飯器をただで譲ったことになる。

 

というか、「10000円で下取り」という言葉を使うそのためだけに、

①で10000円余計に高く値段を設定しているのである。

 

炊飯器に本当に30000円の価値があるのではなくて、

この①〜④の話の流れを作りたいから勝手に30000円と言っているだけ。

ここが今回の話のミソである。

 

 

 

テレビショッピングのCMを眺めるときは、

最後に言われた値段をぜひ4で割ってみよう。

商品の正体がなんとなくはっきりしてくると思う。