松村上ブログ。

ブログです。

職人たちの話

弟子屈の砂湯「コタンの店」でフクロウを買った。

彫刻。

 

6,800円の値札が付いていたが、

3,000円で手に入れてしまった。

 

ハンドボールくらいの大きさで結構立派な木彫りであり、

半額以下では忍びないので、せめて5,000円出したいと申し出た。

しかし「俺が作ったものだから、俺の言う値段で買えばいい」と

ぴしゃりと制されてしまった。

職人というものはかくも欲のないものだろうか?