松村上ブログ。

ブログです。

脅しの話

 

私たちは脅しで生きていますね。

会社を辞めたら生きていけない、暮らしを維持できない、

ということで、いやいや会社に行ったりする。

 

こういうときはとても疲れるんですね。いやだから。

いやなんだけど、脅されているからいくんです。楽しい?

 

死にたくないから行く。脅されて。

でもそれっていつまで続く?死ぬまで続くんです。

つまり、一生脅されて生きていくんです。幸せですかね?

 

 

だから、この「脅し」というものを理解してほしいんです。

私たちは脅されて動くから結果がダメダメなんです。

 

脅されなくても会社に行くことはできるでしょう?

「月曜日が来ました。はい、会社行きます。」終わり。何か困る?困らないんです。

これを脅しでやると、

「あーあ、月曜日が来ちゃったよ。会社行きたくないなぁ。でも今月の支払いもあるし、金もたりないし、上司は怖いし。やっと内定もらった会社だもんなぁ。しゃーない、行くかぁ」と。

 

疲れるでしょう?頭の中でも延々としゃべっている。くたびれるんです、これで。ここでやられているんです。

ぜんぶ、脅しがあるからなんです。

 

 

 

脅しがないと、わたしたちは生きていけないんですかね?

というか、どうせ寿命で死ぬのですからね。

脅されようと脅されまいと、終わりが決まっている。

 

「生き続けるためにやるしかないんだ」と。

これが脅しなんですね。

生きるための努力をするぞ、という気持ちのとき。

このとき人は悩むんです。苦しむんです。

 

で、結果も出ないんです。金持ちにもならんですしね。笑

 

「生きるためにやるんだ」という、これを捨ててしまってはどうでしょうね。

どうせ仕事はするんです、人間ですから。それでいい。

でも、「金が必要だから、死にたくないから」という脅しがないんです。

 

脅しがなくなれば、私たちはいきなり人生が楽しくなるんですよ。

 

あなたの仕事から「生きるためにやってます」というテンションだけ、

綺麗に引き算できるんです。しちゃっていいんです。

仕事は仕事でね、面白おかしくバッチリやっちゃえばいいっていう話なんであって。

 

 

仕事をするにあたって、「死なないためにやります」という動機は暗いんですね。

全然楽しくない。死なないため、生きるため。何歳まで?それもわからない。

辛くなるに決まっているんです。

 

 

 

仕事は、いい暮らしをしたいとか、そういうことを置いておいてやる。

社会にとって必要だから。あったほうがいいから、やる。

それをね、脅されてやるっていうのはね。やっぱり気持ちよくないんです。

 

 

 

というわけでね。仕事をするときは、ぜひ気持ちよくやってください。

いくら儲かるんだ、とかいうのは置いておいてね。

暮らしがあるから、というのは脅しですよ。忘れていいんです。

脅しをやめたら、人生が楽しくなります。やってみてください。

 

生きるための努力は、やめたらいきなりたのしいんです。心がね。

無執着、ということなんです。